manly man

エンジニアはモテモテ

実はエンジニアはモテモテなこと、知っていましたか?それはもちろん女性に…ではなく求人の面で!売り手市場の今が転職のチャンス。妥協せずに自分に合った企業を探しましょう。

man is surprised

転職の準備をしよう

転職すると決めたら、次はいよいよ転職の準備。大切なのは「なぜ転職したいのか」「何をもって転職の成功とするのか」をはっきりとさせること!求人サイトやエージェントを上手く利用していきましょう。

gentlemen

転職したいと思ったら

日本全国の家庭教師のバイト企業が掲載されたこちらのサイトを利用しましょう。ピッタリの会社がきっと見つかりますよ。

病院を縁の下の力持ちとして支える看護師ですが、転職サイトにも結構詳しく載っています。看護師の転職サイトはさまざまなキャリアの看護師に対応しています。

転職をする時、ついつい悩んでしまうのが「時期」のこと。
「こんなに若いのに転職して良いんだろうか…」「もうこんな歳で採用してくれるところはないんじゃないか…」など、
転職するにあたって「早すぎる」「遅すぎる」と言う葛藤は付きものです。
特に若くしての転職は、エンジニアに限らずどんな職業でもそうですが、「最低3年は働いた方が良い」と、誰に聞いても口をすっぱくして言われてしまいます。
確かに、3年未満での転職は、知識が浅すぎる、「すぐ辞めてしまうんじゃないか?」と疑われてしまうなどのデメリットもあります。
でも、転職したい転職したいと考えながら働いていては、仕事にも身が入りません。
そんな中途半端な状態でいたずらに時間を消費するには、20代の若い時間と言うのは貴重すぎます。
20代のうちなら「教えて育てていこう」とエンジニアの求人を出している企業も沢山あります。実際に求人サイトなどでは「第二新卒歓迎」と謳うエンジニアの求人が沢山ありますよ。
逆に、30代になると、20代の頃より求人は急激に少なくなります。
その代わり、30代は20代よりもエンジニアの専門知識と技術があります。
そのため、エンジニアの即戦力として採用される確率が高くなるんです。
転職はとても勇気の要ることです。でも、「もっと良いところがあるのでは…」と悶々としながら働いていると、あっと言う間に時間は過ぎ去ってしまいます。
「転職したい!」と思い立った時がチャンスです。まずはエンジニアの求人をチェックしてみましょう。

personality handsome guy

面接のコツ

求人に応募し、書類選考も通って、次はいよいよ面接です!文章だけでは伝わらない自分の魅力をアピールするチャンスですが、エンジニアとして背伸びをした自分を見せようとしていませんか?等身大で臨むことが大切ですよ。